小便器詰まり」カテゴリーアーカイブ

小便器詰まり

小便器詰まり 除去料金:4,000円~

 小便器の詰まりで一番多いのは、尿の成分が長期間の使用により尿石と化し、小便器のトラップ部分や排水管などで詰まることです。高速道路のパーキングや大型店舗の小便器はたとえ使用者がいなくても自動で水が流れ、出来るだけ詰まることがないように作られていますが、一般家庭の小便器は手押しのフラッシュバルブを付けていることが多いので、洗浄量には注意が必要です。水道節約のためにフラッシュバルブの洗浄量を減らしたり、流さないで頻繁に使用していると確実に小便器は詰まります。

 小便器の詰まりの除去は軽い症状の場合は薬品を使用します。この場合でも処置としては応急処置になります。尿石による詰まりは非常にしつこく、かなり綺麗に取り除かないと再発の恐れがあるからです。高圧ポンプを使用する方法もありますが、ドレンクリーナーと呼ばれるワイヤーを使用した機械で取ることのほうが多いです。その際、必要に応じてトイレの脱着を行うことがあります。

 小便器には水を流さない無水便器のタイプもあります。比較的安価で付けられ、水道設備も必要が無いというメリットもありますが、こちらは非常に詰まりやすいです。無水便器には水を流す機能はありませんので、定期的にバケツなどで水を流し清掃する必要があります。こちらの便器が詰まる時は、便器自体がかなり汚れている場合も多く便器本体が安価なこともあり、排水管の洗浄の他、同時に交換を希望される方も多いです。

 小便器の詰まりは、早めの処置が大便器の詰まりよりも重要になります。便と違い尿石は簡単に取れることはまずありません。排水の流れが遅くなった時点でご連絡頂ければ作業も短時間で済みます。また当社では再発防止のためにフラッシュバルブの適切な水流調整も行っておりますので是非ご利用ください。

仙台市内及び仙台市近郊の小便器詰まりなら宮城リペア水道へ今すぐお電話ください!

TEL:0120ー923ー418