トイレ詰まり」カテゴリーアーカイブ

トイレ詰まり

トイレ詰まり 除去料金:4,000円~

 トイレ詰りは、小便器の詰まり、和式便器の、洋式便器の詰まり等があります。ティッシュを多く使ってしまった。玩具や尿パッドを落としてしまったなど全ての詰まりに対応ができます。緊急性の高い依頼ですので、出来るだけ急いで駆けつけますのでご安心ください。トイレの詰まりは便器本体が詰まる以外に外の配管で詰まっているケースもあります。外のマスから汚水が漏れている場合は外の配管の詰まりになります。その場合は高圧洗浄で汚物を取り除いたりドレンクリーナーと言った機械を使用し汚物を取り除きます。

 トイレの詰まりで多いものは、ペーパーの使いすぎや溶けないテイッシュペーパーを使用した場合、また流せる掃除用のシートも使い過ぎると詰まる原因になります。掃除用のブラシも掃除の途中で柄の部分からスポンジやタワシが外れて落ちることもありますので注意が必要です。くみ取り式のトイレなどはつい手が滑ってブラシを落として詰まるケースもあります。手洗いの部分に置いてある芳香剤のケースも間違って流してしまうと簡単には取れません。尿パッドや使い捨てのおむつなどは水を吸って中で大きくなってしまうので便器を外して取ることが多いです。玩具やボールペンや携帯電話等も高圧ポンプやラバーカップでは取れにくいので同様に便器を外して詰まりを解消することになります。トイレ詰まりが固形物の場合は便器を外す以外に除去する方法は中々難しいです。また外した後も便器の奥などに詰まっている場合は高圧ポンプを外した裏からから使用し取ることもあります。

ラバーカップの使い方:一般家庭や人の出入りが激しいコンビニエンスストアなど詰まりが多い店舗などはラバーカップが一本あると便利です。通常のペーパーつまりや汚物のつまりなどはこれさえあれば取れてしまう場合も多いです。ラバーカップの使い方は特に難しくはないのですが汚物が取れやすい使用方法があります。

 まず初めに便器の周りに新聞紙やビニールなどを敷きます。次に汚れても構わない服装に着替えます。ラバーカップは基本的に便器に水が溜まっている状態で使用しますので当然、汚水がハネます。ハネないように弱くやっていては取れるものも取れません。簡単に取れればそれに越したことは無いですが、まずはハネても構わないように準備をすることが大切です。

 次にある程度の水が必要になるため、バケツに水を汲んでおきます。詰まりに隙間があると水がゆっくりと流れて水が減っていることがあります。水が少な過ぎたり、殆ど無い時にいくら頑張ってラバーカップを動かしても取るのは大変難しいです。かといってタンクの水を流してしまっては、便器から汚水が溢れ出る危険性があります。ですので、汲んでおいたバケツの水を少しずつつ流して、ラバーカップのゴムの部分が十分に沈む程度に便器に水を貯めて行きます。

 最後に動かし方ですが、基本動作はラバーカップをゆっくりと排水箇所に押しこみ、次に素早く引き戻します。原則これの繰り返しです。逆の動作を行うと汚物を奥に押しこみ詰まりを悪化させる可能性があります。従ってあとはこの動作を何度も繰り返すことになります。もし何度やっても取れない場合は、便やペーパーのつまり以外に排水管やマスの詰まり、ペンやライターなどが詰まっているケースも考えられますので、こうなるとラバーカップで取るのは難しくなるため宮城リペア水道にご相談ください。必ずお力になれます。

仙台市内及び仙台市近郊のトイレ詰まりなら宮城リペア水道へ今すぐお電話ください!

TEL:0120ー923ー418