ウォーターハンマーについて

ウォーターハンマーは水撃や水撃作用とも言われます。配管内に水が充満して流れている状態の時や、蛇口などを全開にして流している時に、蛇口を急閉止すると水の流速は瞬時に0になり水の持っていた速度のエネルギーは瞬時に圧力エネルギーに変わり、圧力は急激に上昇します。この急上昇した水圧が配管内で等しくなろうと作用し圧力波になります。この圧力波はかなりのエネルギーを持ち配管設備を破損させる原因にもなります。

ハンドル式の蛇口の場合は比較的緩やかな開閉になりますが、レバー式の場合瞬時に開閉が出来るためウォーターハンマーが起きやすいです。全自動洗濯機なども同様です。壁の中で蛇口を閉めるたびに音がする場合は、壁の中の給水管の固定が外れていたりすることもあります。この場合は一度点検をした方がよろしいかと思います。特に今まで音がしていなかったのに音がする場合は、ウォーターハンマーの衝撃で固定が外れ管に深刻なダメージを与えていることが考えられます。そのままにしていると漏水の原因になり、壁の中などで水漏れの確認ができない場合は多額の水道料金の請求が来ることもあります。もし、お湯側の給湯管で水漏れをすると水道料金の減免も受けることができませんので負担はかなりのものとなります。異常音がする場合は早めの点検をお勧めします。